中国人にとって「メンツ」は非常に大切なものであり、「どのような車に乗っているか」はメンツを立てるうえで非常に重要な要素と言われる。中国の街中では多くの日系車を見かけることができるが、中国人にとって日系車は乗っていてメンツが立つ車なのだろう。

 一方、中国人からすれば「日本人がどのような車に乗っているか」という点も気になるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本車は世界中で人気がある車だが、日本人はどんな車に乗っているのか」と疑問を投げかける記事が掲載され、「日本人も日本車に乗っているが、中国人のようにメンツは気にしていない」と伝えた。

 記事は、日本在住とみられる中国人の見解として、日本人の多くが日本車に乗っていると紹介し、日本では中国と違って国産を支持している消費者が多いことを強調。しかし、中国と異なるのは「日本では車体が小さく低燃費な車が多くの人から支持されている」という事実であることを強調し、中国人が車にメンツを求めるのと対照的に、日本人にとって車は「日常の移動手段」に過ぎず、「高級車であることや車体が大きいかどうかは問題ではない」ことを強調した。

 続けて、日本では高級車に乗っていなくても「他人から軽んじられることはない」とし、富豪が大衆車に乗ることで「庶民的」だとして評価が高まるのが日本社会であることを指摘、日本と中国の消費概念の違いに驚きを示した。

 日本人からすれば、メンツを立てることを考えて車を選択する人は少ないだろうが、中国人の間ではメンツが立つかどうかは非常に重要なことで、メンツのために無理をして高級車を購入する人もいるほどだ。中国人たちが社会的な体裁を保つために抱えるストレスは日本人以上に大きいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)