日本を旅行で訪れたことがある中国人のなかには、日本人の礼儀正しさやマナーの良さに驚き、親切にしてもらった経験などをネット上で盛んに語って称賛する人が少なくない。一方、日本で生活する中国人のなかには、日本人は他人に無関心で冷たいと感じる人も多いという。いったいどちらが正確に日本人像を反映しているのだろうか。中国メディアの環球時報はこのほど、中国人から見た日本人の人情について論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本人は冷たいと感じられる原因の1つとして「人間関係の距離感」を指摘した。例えば、「同僚やクラスメートであってもメールでやり取りし、非常に親しくならないとSNSを交換できない」、「イベントに参加しておしゃべりで盛り上がっても、連絡先を交換することはあまりない」などと紹介。中国では初対面でも連絡先を交換して気軽に友人になるので、「距離感がある」と感じるようだ。

 また、「日本人は助け合いの精神に欠けており、助けが必要な人に対して冷たい」と分析。災害発生時には助け合うものの、普段は助け合うことを嫌がるとしている。内閣府が若者を対象に行ったボランティアに対する興味に関する調査でも、日本の若者のボランティア意欲は調査対象国の中で最も低かったそうだ。日本人はむしろ自助や自己責任を好むのだという。

 さらに「人に迷惑をかけない文化」も、日本人はクールという印象を強くしていると記事は紹介。これは「法律で明確に要求されているわけではないが、日本人共通の価値観」であり、日本には守るべき規則も多いため、融通が利かず人情味に欠けるとのイメージを与えると論じた。

 一方で記事は、日本人からは親切さや細部に見られる温かさを感じることも多々あるとも指摘。道を尋ねると非常に親切に教えてくれることや、財布を落としても戻ってくることに感激する人が多いという。細部にわたる配慮という点では、日本はバリアフリーが進んでいることや、ガムの容器に捨てる時のための紙まで入っていることに感動している。確かに、日本人には優しく温かな面とクールな面の両方があるといえるだろう。国民性はなかなか変えられるものではないが、これからも日本の良い面を伸ばしていきたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)