車は所有していれば一定の維持費がかかるものだ。車の種類や使用頻度などによって金額は異なるが、軽自動車でも年間40万円近くかかるとの試算もある。では、中国における車の維持費はどれほどだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、日系車の維持費について紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、自身が乗っている日系車のケースを紹介している。実際に1年間にかかる費用を計算してみたそうだ。まずは最も気になる燃費について、走行距離約8万キロの時点での燃費は1リットルあたり13.5キロだったと紹介。年間1万キロ前後運転する筆者の場合、1年間のガソリン代は約4000元(約6万3000円)になるという。

 筆者が特に驚いたのはメンテナンス・修理費用の安さだったようで、「日系車は本当にすごい」と称賛している。約5年間、累計走行距離が8万キロに達するなかで、自分のミスでボディを傷つけた際の修理費以外は、定期的なオイルとオイルフィルターの交換程度で、故障が全くなかったそうだ。そのため年間200元(約3150円)程度だとしている。

 他にも自動車保険料は種類によって値段が異なるが、筆者の場合は年間約2800元(約4万4000円)で、自宅マンションの駐車場代が年間500元(約7900円)、洗車代に年間約150元(約2360円)、時々利用する高速道路料金が年間約500元なので、その他の経費も含めると年間の維持費は計8000元(約12万6000円)だと計算した。筆者によると、この金額は中国の自動車サイトでの試算と比較すると「かなり安い」ほうになるそうで、「やはり日系車は維持費が驚異的なほどに安い」と満足気だ。

 中国では「日系車は故障が少ない」と評判だが、この信頼性の高さが費用節約の大きな助けになっていることは確かだろう。維持費を節約できる日系車は中国でますます人気になっていくのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)