中国メディアの観察者はこのほど、世界で最も日本に対して好感を抱いているのは「中国人にとっての同胞である台湾人であることに疑いの余地はない」と主張し、なぜ台湾人はこんなにも日本が大好きなのかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、台湾社会においては「テレビ番組から生活スタイル、言葉の表現方法や思考回路に至るまで、日本の影響がないものはない」と主張し、台湾で中国に対する批判や不満、罵りの声を聞くことがあっても、台湾人の口から「日本に対する罵りの言葉」を聞くのは「天に昇るより難しいほどだ」と論じた。

 続けて、台湾人と中国人では日本に対する感情が違いすぎると主張し、「台湾は日本に統治された過去を持つというのに、台湾人は日本を恨むどころか、日本が大好きで仕方ない様子なのは一体なぜなのか」と疑問を投げかけた。

 そして、台湾人が「日本を大好きで仕方ない」のには明確な理由があると主張、日本は台湾統治中にインフラ整備や生活水準の向上に取り組んだことは事実だと指摘し、中華民国となった後は「中国の影響力を排除するために日本の統治を美化する動き」が続いたと強調した。

 また、日本が敗戦後に見せた奇跡的な復興と経済成長や現代日本における人々の民度や魅力的なコンテンツといったソフトパワーも台湾人を魅了する要素となっているとし、「日本を旅行で訪れた中国人ですら、日本を称賛するようになるのだから、台湾人が日本を大好きになるのは不思議ではないかもしれない」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)