中国メディア・新浪財経は7日、「日本で70年の歴史を持つ百貨店が閉店したことについての思考」とする評論記事を掲載した。

 記事は、新型コロナウイルスの感染が少しずつ緩やかになっている日本では、東京をはじめとして人の流れが戻りつつあり、飲食店などの営業時間の制限も基本的に解除されたと紹介。一方で、百貨店業界はなおも厳しい状況にあり、老舗店舗が相次いで閉店する現象さえ起きていると伝えた。 ・・・・

続きを読む