中国のポータルサイト・百度に5日、日本の5大商社の実力を知ればウォーレン・バフェット氏がこれらの商社に投資を行った理由が分かるとする記事が掲載された。

 記事は、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅を日本の5大商社とし、これらの実力は「非常に恐ろしい」と紹介。商社自体が強い力を持っているとともに、同じグループの企業も非常に強く、雑誌「フォーチュン」の世界トップ企業500社に入っている日本企業の8割は、この5大商社の傘下企業なのであると伝えた。

 そして、投資の神様として中国で非常によく知られているバフェット氏が率いるバークシャーハサウェイが先日この5大商社に63億ドル(約6700億円)を投じたことが大きな注目を集めたとし、その理由について「日本の商社が世界のサプライチェーン再編において重要な役割を持つこと」だと説明している。

 その上で、経済のグローバル化が進む中で、エネルギーや資源の業界再編が大きな方向になっていると紹介。日本の5大商社はいずれも世界的なエネルギー、資源の巨頭企業であり、世界市場で大きな役割を担っているほか、傘下の大企業にも資源型の企業が多く存在することから「バフェット氏に評価されるのも自然なことだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)