中国のポータルサイト・百度に2日、「中国には日本人学校がたくさんあるが、子どもたちはやっぱり冬でも薄着だった」とする記事が掲載された。

 記事は、中国には北京、上海、広州、深セン、蘇州、大連、青島、天津の各地に日本人学校が存在しており、主に日本企業が集中し日本人が多く駐在している地域に設置されると紹介。その名の通り「日本人が通う学校」であり、教育の理念や方式も日本国内と同様であり、中国教・・・・

続きを読む