中国河北省秦皇島市でこのほど、2人の中国人女性が和服を着用しながら外出したところ、中国人男性から「お前たちは本当に中国人なのか」と咎められる事件が発生し、中国で大きな注目を集めている。

 中国メディアの報道によれば、秦皇島市内の観光地で和服を着ていた中国人女性2人が写真を撮影していたところ、中国人男性から和服を着ていたことを咎められたという。女性たちがいた場所の近くには海軍基地という軍事施設があったため、その軍事施設の近くで和服を着た女性が写真撮影をしていたことが事件の発端となったようだが、警官が駆けつけたため口論だけで事態は収拾したという。

 しかし、中国ネット上ではこの事件について「和服を着るなんて国辱を忘れたのか」という声と、「何を着るかなんて個人の自由だ」という声が上がり、中国人ネットユーザーのなかでも見方は分かれていると報じられている。

 中国のQ&Aサイトの知乎でこのほど、今回の事件について「和服を着ていただけで咎められた女性についてどう思う?」と疑問を投げかけるスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 和服を着ていた中国人女性を咎めた男性を支持するコメントとしては、「事件が起きた場所は軍艦が停泊している港から数百メートルしか離れていないため、和服を着て写真を撮っていたら動機を疑われるのも仕方がない」という意見のほか、「女性を咎めた中国人男性は、軍事施設の近くで和服を着た中国人がいたことが我慢できなかったのだろう」という意見が見られたが、全体的には「民族感情を抜きにして、写真撮影を控えるべき場所だったのは間違いない」という声が多かった。

 たとえば「公共の場所で和服を着用することは、何ら法に触れることではない」とし、中国人女性が和服を着ていたことも咎められるべきことではないとしながらも、「海軍基地を盗撮していたとしたら、それは問題だ」と指摘し、和服を着た女性2人が軍艦の盗撮を行っていたかどうかを調査すべきであるとの声があった。

 また、港の近くには写真撮影を禁じると注意書きがあるくらいなのだから、女性たちが咎められるのは当たり前」という意見もあり、海軍基地の近くで和服を着て歩いていれば疑われるのも当たり前であるとし、中国人女性2人の行為は「軽率」だったのではないかという指摘も見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)