日本と中国には似た文化や習慣が存在するが、人びとの生活習慣には大きな違いが存在する。たとえば中国人は自宅でも靴を脱がない人が多いが、日本人は屋内に入るときには靴を脱ぐのが普通だ。こうした習慣の違いは日本と中国の「家の構造」の違いを生み出している。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「中国人には理解し難くても、実際は使い勝手が良くて実用的な日本の住宅設計」について議論するスレッドが立ち上がり、多くの中国人ネットユーザーたちがコメントを寄せている。

 日本人は靴を脱いで家に入るのが一般的であるため、日本の家の玄関には「上がり框」と呼ばれる段差があるのが一般的だ。逆に中国では室内でも土足で生活することが一般的であるため、玄関のスペースが明確に存在しないデザインとなっている家も多い。また、トイレとシャワールーム、洗面台が一つの空間にまとめられている設計であることが多く、同時に使用できないため、トイレを複数設置している住宅も多い。

 日本人の感覚からすれば、中国の住宅設計のほうが空間を無駄遣いしていると感じられるが、中国人からすると日本の住宅設計のほうが理解できない部分もあるようだ。これについて中国人ネットユーザーからは「日本人がなぜ玄関で靴を脱ぐのか良く分からないが、上がり框で靴を履き替えることで外部の汚れが室内に入ってこないのは実用的」であることを指摘するコメントが寄せられた。

 また、別のユーザーからは「日本の住宅は狭く感じられるが、それは収納スペースをしっかりとっているため」とのコメントが寄せられ、特にクローゼットやキッチン周りには非常に多くの収納スペースがあり、しかも細かく仕切られていて、何がどこに収納されているのか一目で分かるように工夫されているのは素晴らしいとの意見があった。収納スペースが多いということは、それだけ居住空間を狭くすることにもつながるため、中国人は収納スペースをたっぷり取ることを嫌うのかもしれないが、実際には暮らしを便利にする優れた知恵であるとのコメントも見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)