機械製品の部品の加工には加工機が欠かせない。しかも、高い精度が求められる機械の加工には「超精密加工機」が使われている。日本の超精密加工機の品質は世界トップレベルであり、中国メディア百度も「加工した痕が全く残らないほど素晴らしい精度だ」と絶賛している。しかも、こうした超精密加工機は航空機や半導体、人工知能関連の機械など使用範囲も幅広く、今後ますます重要になってくる。では、「これほど高品質な超精密加工機はどのように生み出されているのか」と問いかけ、その秘密を探っている。

 中国メディアは、その秘密を「技術と原材料の国内生産」にある、と説明している。超精密加工機自体が、設計から製造まですべて日本国内で行われているのだ。そのため、部品の不良による故障や、海外から部品が届かずに生産できない、といったリスクがなく生産できていると述べている。

 さらに、「中国でも超精密加工機自体は生産されている。中国製と日本製は代替可能なのか」と問いかけ、「日本と中国の技術力の差はまだまだ大きく代替はできない。中国はこの事実を謙虚に受け止めなければならない」と述べている。「日本の超精密加工機の歴史は長く、現在の最先端の技術力はこれまでの長く続いてきた重工業の歴史という基礎の上にある。日本の技術は今でも世界をリードしており、日本が将来的にも超精密加工機の分野でリードし続けるだろう」と結んでいる。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)