中国のポータルサイト・百度に27日、「日本の結婚式では新婦が白い衣装、赤い衣装の両方を着るが、いずれも思わず叫んでしまうほどの美しさである」とする記事が掲載された。

 記事は、結婚式を控えた中国の女性は往々にして、式の当日に赤いドレスを着るか、はたまた白いウエディングドレスを着るかで大いに悩むと紹介。その上で、日本の伝統的な結婚式では白と赤の花嫁衣裳を両方着るのが一般的であり、そのいずれもが非常に美しく、その写真を見た人の多くは思わず「きれいだ」とつぶやいてしまうほどだと伝えている。

 そして、日本では神社などでの婚礼の差異に新婦はまず白無垢と呼ばれる真っ白な無地の衣装を身に付けて登場すると説明。純白の衣装は新婦が精神的にも身体的にも純潔であり、まさに「無垢」であることを象徴するものであり、これから新たな家庭生活に入り、新たな人生の段階を迎えるという意味があるのだと解説した。

 また、白無垢に合わせて白い綿帽子も頭にかぶるとし、邪気を払う目的があるとしている。中国人にとって白は「葬式の色」というイメージが強く、しばしば日本の白無垢には「まるで死人の衣装」という印象を覚えるようだが、記事の作者は純潔を象徴する白無垢の衣装を肯定的に捉えている。

 記事は一方で、儀式的な婚礼を済ませた新婦は披露宴の席になると今度は赤を主体とした色彩鮮やかな衣装の色打掛に身を包んで登場すると紹介。赤をベースに金や銀が多く用いられ、鶴や梅の花といった縁起のいい刺繍が施されており、こちらも非常に美しく、そして華やかであると伝えた。(編集担当:今関忠義)(イメージ写真提供:123RF)