中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いたのは2010年のことだ。日本経済はその後も低迷を続けてきたのに対し、中国経済は一定以上の経済成長を続けてきたことから、中国のGDPは今や日本の3倍弱にまで拡大した。

 中国では自国の経済成長に自信を持つと同時に、「日本はもはや取るに足らない国」だと主張する声も増えているが、中国メディアの百家号は26日、「日本を軽視するなどあり得ないことだ」と論じる・・・・

続きを読む