日本と中国は同じ漢字を使う文化を持つ国という共通点を持っている。両国で漢字の読み方は異なるとしても、文字が表す意味を共有できるというのは興味深い事実だ。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本人の名前をそのまま中国語読みにするとなぜ良い響きになるのか」と問いかけるスレッドが立ち上げられ、中国人ネットユーザーから様々な意見が寄せられている。

 中国にいても日本のメディアを通じて様々な日本人の名前を見聞きする機会が増えているようだが、なかには中国人が聞いて良い響きに感じる日本人の氏名もあるという。

 中国では「姓も名も漢字1文字ずつの人が多い」ため、日本人の名前は長く感じるようだが、「姓と名で漢字4文字の名前はバランスが良く、漢字の組み合わせによっては四文字熟語のようで文学的な感じがする」という声が寄せられた。

 また、「日本人女性の名前に使われる恵、美、優、幸、凛、愛、香、月という漢字や、日本人男性の名前に使われる大、新、雄、雅、彦、斗、明、翔、またどちらも使える真、律、結、陽、智は、中国人の名前としても美しく、名前の響きが格好良い」という意見ががあった。

 また、「美月、優愛、真恵、智雄、真新、香陽、幸明という漢字の組み合わせは中国語の名前にしても響きがよく、意味も良い」という意見があった。日本人の氏名のすべてが中国人にとって良い響きでないにしても、どこか琴線に触れる響きを持つ氏名というものも間違いなく存在するようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)