中国メディア・今日頭条は25日、「今日の日本は、明日の中国の姿なのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、現在の日本社会が人口の高齢化、出生率の低下、低欲望社会という大きな問題を抱えていると紹介。その背景には、日常生活やプライベートを犠牲にして仕事をする、あるいは仕事をせざるを得ない「社畜」と呼ばれる現象の存在、現実世界における他人との付き合いを避け、自宅でアニメやゲームの世界に没頭する人が増えていることにより、日本の若者の間で結婚して子どもを作る意欲が著しく低下していることがあると伝えた。

 また、伝統的な男尊女卑の思想に変化が生じて女性の社会進出が進み、働く女性が増えた一方で、出産や育児が女性のキャリア形成における大きなハードルになっていることも、少子高齢化を招く大きな要因になっていると紹介した。

 その上で、中国も生活レベルが高まり、医療レベルが進歩したことに伴い平均寿命が大きく伸びるとともに、急速な高齢化も進んでいることが統計から明らかになっていると指摘。また、日本同様に出生率が低下しており、その理由は日本と似通った部分があると同時に、日本よりも複雑な理由もかけているのだとしている。

 記事は実体験として、1人めの子どもを生んだ際にはそこまで生活に圧迫感を覚えなかったものの、2人めが生まれて幼稚園に入る歳になって以降、支出の増加が生活を圧迫するようになり、圧迫が徐々に大きくなってきたと紹介。「現在、わが国の育児コストは以前に比べてはるかに高くなっており、毎月の給料を使い切る『月光族』の若者たちはなおのこと子どもを作りたがらなくなっているのだ」と論じた。

 そして、日本の現状が未来の中国を映しているかどうかは分からないものの、中国は確かに日本と同様の問題を抱えているとし、政府が然るべき措置を講じて現状を変えてくれることに期待を寄せた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)