国民性の違いは国や地域を問わず見られるものだが、日本人女性と中国人女性にはどのような違いがあるだろうか。中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、日本人女性と中国人女性の違いを考察するスレッドが立ち上げられ、中国人ネットユーザーから様々な意見が寄せられている。

 中国は「男女平等」の概念が普及しており、「女性ならでは」という考え方はあまりない。女性も男性も同じように働くのが普通という考え方であり、専業主婦という考え方も存在しないのが中国だ。日本では小さな女の子が「お嫁さん」になることを「将来の夢」として語ることは決して珍しいことではなく、その夢を咎める人もいないが、中国人ネットユーザーからは「もし中国で女の子が誰かのお嫁さんになることを夢だと語ったら、家長に殴られるに違いない」というコメントが寄せられた。

 さらに、「女性を取り囲む社会環境の違い」も日中の女性に違いを生じさせているという指摘もあり、「日本の独身女性の3人に1が専業主婦になりたいと思っているのに対し、中国人女性は結婚しても仕事を続けることが普通」と紹介し、日中の女性では「価値観が大きく異なっているのは確かだが、日本人女性の方が家庭を大切にしているとも言える」との意見も寄せられた。

 また、日本人女性と中国人女性の外見的な違いについては、あるユーザーから「日本人の女性のほうが外見に気を使い、美容に時間やお金をかける傾向が強い」という指摘を寄せ、たとえば体毛の処理といった点についても日本人女性は非常に敏感であるとの指摘が見られたが、近年は中国人女性も若い世代を中心にしっかりメイクをして、美容に強い関心を抱く人が増えているように見受けられる。

 そのほか、中国人女性は結婚相手を探す際に「お金」を重視する傾向が日本人女性よりも強いという意見もあり、「日本人女性は結婚相手との相性を重視する傾向があるが、中国人女性は車や家などを持っているかどうかを重視する」という指摘もあった。

 中国では日本人女性は「温厚で物静か」、「良妻賢母」といったイメージがあり、中国人男性のなかには日本人女性と結婚したいと願う人も少なからず存在する。逆に日本人男性は中国人女性と接した印象を「気が強くて怖い」と語る人もいるが、確かに中国人にとって自己主張はごく普通のことで、人前でも激しい夫婦喧嘩に発展することは珍しくないように、日本人と中国人は外見こそ似ているが、内面には様々な違いがあるのは事実と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)