日本は近年、旅行先として中国人に人気が高く、どこに行っても清潔で、偽物を売りつけられる心配もなく、安心して買い物ができると評判が高い。中国メディアの百家号は23日、「実際の日本はどんな国なのか」と題する記事を掲載した。本当にそんな「天国」のようなところなのか分析している。

 記事は、日本は歴史問題を抜きにすれば世界的にも高く評価されている国だと称賛。観光客は日本の文化にも観光地の美しさにも満足しており、どこでシャッターを切っても「絵になる美しさ」だと主張し、いかに「天国のような国」と思われているかを伝えている。

 では、日本は実際にそれほど良いところなのだろうか。記事は「ごみ1つない観光地のきれいさは作られたものだ」と主張。観光客の入る場所だけは政府が管理していてきれいに見せているが、それ以外はそうでもなく、ごみがあふれているところさえあるとしている。そして、そうした場所は観光客に開放されていないと主張した。しかし、これはまさに中国のことであり中国的発想だと言わざるを得ない。

 しかし記事は、中国人の想像どおりの良いところもたくさんあるとも紹介している。例えば、「偽物が売っていない」というのは本当で、もし見つけることができても、空港で没収されてしまうので日本から持ち出すことはできないと伝えた。日本で商売をするのは信用が第一で、売る側も政府も厳しく、ブランド品が比較的安く手に入るためではないかと分析している。

 中国では、日本に魅了された人達の間で日本称賛が過ぎたこともあり、「日本はそこまで天国なのか」と疑問を抱く人も多い。どんな国でも良いところばかりではないが、日本には中国にはない良さがたくさんあるのも事実であり、清潔さや民度の高さなど日本の良さを正しく知って欲しいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)