中国では今もありとあらゆる海賊品が売られているが、日本では取り締まりが厳しく行われていることから海賊品が大規模に流通することはほとんどない。仮に流通したとしてもそれは中国などから持ち込まれた海賊品であり、日本企業が日本国内で海賊品を大規模に生産するケースはまずないと言えるだろう。

 中国メディアの網易はこのほど、日本人はなぜ中国人と違って海賊品を生産・販売しないのかと問いかけ、日本人の国民性について考察する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、日本で「無人の野菜直売所を見たことがある」と紹介し、野菜が入った袋が陳列してあったが、店員は誰1人としていなかったと紹介したほか、日本には「無人の給油所もある」と伝え、誰かに監視されているわけではないのに「野菜を無断で持ち去ったり、偽札を使って給油したりする日本人はいない」と指摘した。

 続けて、「日本の社会は非常にシンプル」だと指摘し、市役所などでの手続きや公的書類なども中国人からすると「簡単に騙せそうな手続きや、簡単に偽造できそうな書類ばかり」だと主張。それでも日本社会が問題なく回るのは「日本は信用が重視される社会だからだ」と主張し、日本人のように信用を大切にしていれば「人と人の関係はこんなにも簡単にシンプルになるのだ」と論じた。

 一方、日本社会で「信用を失う」ということは極めて深刻な事態を招くことになるとし、嘘をついたり、偽造したりすれば、信用が失われて社会から断絶されてしまう可能性があると主張。だからこそ日本人は信用を大切にするのであり、これこそ日本人が海賊品を生産・販売しない理由ではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)