中国のポータルサイト・百度に23日、「日本人はチャーハンを作るだけのためにこんな油を作る、だから日本の食べ物は高いのだ」とする記事が掲載された。

 記事は、チャーハンが中国を代表するおいしくてかつ簡便なグルメであり、誰もがすぐに作れるという大きな魅力を持っていると紹介。しかしこの簡便さが売りであるチャーハンも、「まじめな民族」である日本人の手にかかると、高級グルメになってしまうのだと伝えた。

 そして、サラダ油やラードでチャーハンを作るのが当たり前であるのに対し、こだわりを持つ日本人は「エビ油を使って炒めるのだ」とした。こだわりのチャーハンを出す飲食店では、コックが何キロものエビの頭を用意して油の入った中華鍋の中に入れ、1時間ほどエキスを抽出して褐色のエビ油を作るほか、使った殻もペースト状にして調味料として用いるのだと説明している。

 その上で、このエビ油とエビペーストを使って炒めたチャーハンは見た目のシンプルさとは裏腹に100元(約1500円)という、中国人が抱くチャーハンの常識的な価格とは大きくかけ離れた金額で提供されるのだと紹介。「これだけ手間暇をかけて作られるのだから、日本の食べ物の値段がこんなに高いのも納得だ」と評した。

 ラーメンのスープや麺をはじめ、日本人はありとあらゆる食べ物を作るうえでの強い「こだわり」を見せる。その強い「こだわり」はもともと廉価な大衆食にも注がれる。むしろ簡便で手軽な食べ物ほど「こだわりがい」があるのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)