中国人と日本人の人間関係における距離感は大きく異なっている。中国人は友人同士でも家族のように近い距離感を好む人が多い。それゆえ、親しくなりたい人に対して、初対面であったとしても年齢や職業、年収、家族構成、恋愛事情などを尋ねてくることがよくある。

 そんな中国人からすると、日本人の人間関係は「とても希薄に感じられる」そうで、中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本人は冷淡なのか」と疑問を投げかけるスレッドが立ち上がり、多くのネットユーザーたちがコメントを寄せている。

 日本人と中国人では人と人の距離感が違っているのは確かだが、果たして日本人は冷淡といえるだろうか。これについて、日本の小学校に通った経験があるという中国人ネットユーザーからは、「決して日本人は冷淡ではない」とのコメントが寄せられた。その根拠は「言葉が通じなくても、級友や教師はいつも励ましてくれたから」だという。

 また、日本で仕事をした経験があるという別のユーザーは、「日本人の同僚から野菜や果物の差し入れを貰い、日本人の温かさを感じた」とコメント。また、日本留学の経験を持つユーザーからも、「留学中は教授に非常に良くしてもらったほか、バイト先の日本人同僚と非常に打ち解けた人間関係を構築できた」というコメントが寄せられ、「日本人は決して冷淡な国民ではない」とのコメントが寄せられていた。

 一方、多くの人に共通していた意見は、「日本人は他人に迷惑を掛けることを嫌うゆえ、親しい間柄であったとしても礼節を重視する」というもので、それゆえ「中国人からすると日本人の人間関係が希薄に感じられてしまうのだ」というコメントだ。

 中国には「有福同享、有難同当」という言葉がある。これは「幸せも苦難も共にする」という意味だが、これができてこそ本当の友だちであると捉えている人が多い。中国人は見ず知らずの人を信用することはしないものの、一度深い関係が築かれれば、日本人には想像もつかないくらい裏表のない強固な関係となると言われる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)