旅行好きな中国人にとって日本は人気の渡航先となっており、新型コロナウイルスのパンデミック前は訪日外国人のうち国籍別で最も多かったのは中国人旅行客だったほどだ。なかには休みになるたびに日本を訪れるリピーター客も多く、日本の観光業にとって中国人客は極めて重要な存在だった。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「なぜ中国人は日本旅行が大好きなのか」と問いかけるスレッドが立ち上げられ、何度も日本を訪れているという中国人リピーターたちから様々な意見が寄せられた。

 旅行好きで、これまで日本以外の国も含め、様々な場所を訪れたことがあるという中国人ユーザーは「日本のサービスは質が非常に高いので、他国と比較しても日本で休暇を過ごすのが最も満足感が高い」という意見を寄せた。旅行という短期間の滞在であるため、たとえ表面上の礼儀やサービスであったとしても、日本では「どこを訪れても日本人従業員は支払う金額で客に対する態度を変えず、どのような相手でも客には最大限の敬意を払うので、非常に心地よく感じられる」という声もあった。

 また、「日本は四季折々の美しい景観があるので何度も訪れたくなる」という意見もあった。桜や紅葉、雪景色に魅力を感じる中国人は多いということだろう。また、中国の観光地はその多くで「入場料」が必要になり、食べ物や飲み物、各種サービスの多くが「観光地料金」として高額になっていることが多いが、「日本の観光名所は感動する美しい景色があっても入場料が取られないことが多い」という点にも驚きを寄せている。

 ほかにも、「日本には外国人観光客を優遇するサービスや中国語や英語のガイドがある」という指摘もあり、公共交通機関のフリーパスを利用すると旅費を抑えることもできるうえ、日本語が話せなくてもそこまで不便を感じないことも、日本旅行の魅力であるという意見もあった。

 こうしたコメントを見ると、日本が観光立国として海外からの観光客を受け入れるために払った努力はしっかりと中国人の心を掴んでおり、日本を何度も訪れたい国と感じる人が着実に増えていることが見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)