SNSなどの普及により、世界中の人と気軽に交流できるようになったが、異なる文化的背景を持つ人と「真の友」と呼べる関係を構築するのは決して容易なことではないだろう。

 仕事や留学などで日本を訪れている中国人たちも、日本人と真の友になることの難しさを実感しているようだ。中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「どのようにしたら日本人と真の友になれるか」と疑問を投げかけるスレッドが立ち上がり、多くの中国人ネットユーザーたちがコメントを寄せている。

 スレッドを立ち上げた中国人は「日本人は中国人と違って、あまり深い人間関係を構築したがらない」と指摘し、人間関係の距離感がまったく異なる日本人と中国人が「真の友」と呼べる関係を構築することは可能なのかと問いかけた。

 これに対し、ある中国人ネットユーザーは、「日本人は場の空気を読むことや本音と建前を大切にしていて、それは親しい友人同士でも同じ」と主張、「日本人は過度になれなれしく接することを避けるため、日本人と中国人が真の友になるのは難しい」と分析した。

 また別のユーザーは「日本人と中国人では、友人関係の捉え方が異なっている」とコメントし、「中国人の感覚で日本人と友だちになろうとすると、日本人から煙たがられてしまう可能性がある」ゆえ注意が必要だとした。中国人は他人に対しては距離を置くが、心を許した相手とは非常に距離感が近くなる傾向にある。そして、親友同士であれば、どちらかが困難に直面していたら、私財を投げ打ってでも助けるのが親友だと考える。こうした距離感はやはり日本人とは違うと言えそうだ。

 一方、他のユーザーからは、「難しいことを考えすぎず、自分から積極的に行動していけば、日本人に限らずどの国の人とも友情関係を築いていくことができる」とのコメントもあった。真の友を見つけるのは容易なことではない。まして、国が異なればより難しくなるのは事実だが、「真の友」を作るのは絶対に不可能というわけではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)