中国メディアの百家号はこのほど、同じ中国人でも「マナーや民度に対して敏感な感度を持つ人ほど、日本旅行を好む傾向にある」と主張する記事を掲載し、その理由を考察している。

 記事は、「初めて日本を訪れた外国人が驚くのは、日本の都市部における駅の複雑さ」であるとし、たとえば東京の新宿駅には出口が数多く存在し、旅行客にとってはまるで「迷宮」のような存在だと指摘。しかし、同時に驚くのは「駅の利用客は非常に多いのに、まったく秩序が失われていないことだ」とし、列に並んでいても割り込まれるようなトラブルすら起きないのが日本だと論じた。

 また、駅の改札は一見すると「入ることも、出ることもできそう」に見えるが、日本では改札口が混乱することなく、人びとがスムーズに改札に入ったり、出たりしていると紹介。さらに日本の駅は中国と違って手荷物検査などは一切行われないが、事件やトラブルなどは起きないことを強調した。

 さらに、日本人は他人が周囲にいるような公共の場では「誰もが互いに配慮し合い、大声で話したり、携帯電話で通話したりしたがらない」と紹介し、まるで「自分の存在感を消そうとしているようだ」と主張。

 この記事の中国人筆者はこれまで何度も日本を訪れたことがあるそうだが、「訪日するたびに日本の文明レベルの高さに驚愕させられる思いがする」と主張し、日本社会にあらゆる場所に存在する秩序を感じるたびに「日本人の民度の高さを感じるのだ」と指摘。そして「マナーや民度に対して敏感な感度を持つ人ほど、日本旅行を好む傾向にある」のは、あらゆる場所にある秩序がこのうえなく心地よく感じられるからとの見方を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)