中国では日本の新幹線を一方的にライバル視する人が多い。新幹線と中国高速鉄道の速度や乗り心地、車内販売の弁当を比較する中国人も多いが、新幹線と中国高速鉄道の「運営」に関心を持つ中国人もいるようだ。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「新幹線と中国高速鉄道のどちらの運営が優れているか」というタイトルのスレッドが立てられ、多くの中国人ネットユーザーたちが回答を寄せている。

 タイトルの質問に対して、ある中国人ネットユーザーは「中国の場合、高速鉄道を降りて別の公共交通機関に乗り換えるためには巨大な駅のなかをかなりの距離歩く必要がある」と指摘し、中国高速鉄道には乗り換えの不便さという問題が存在すると説明し、「利用客の観点から言えば、運営はそこまで優れているわけではない」と指摘した。

 一方、日本の場合、新幹線と別の公共交通機関の乗り換えは「とても便利」だと絶賛し、都市の中心部にある駅には新幹線と普通列車、さらには地下鉄などが全て乗り入れていて便利と紹介。さらに、ある中国人ネットユーザーは新幹線の制御システムを称賛。新幹線の高速、高密度、正確、安定輸送とリアルタイム制御システムとは密接不可分の関係にあるが、日本はこの優れた制御システムにより新幹線を「フル活用できている」と絶賛した。

 一方、「中国高速鉄道と新幹線では目指す方向性が異なるため、運営の良し悪しを単純に比較することはできない」というコメントもあった。「新幹線は公共交通機関である同時に利益も追求する交通機関だが、中国高速鉄道は経済的利益を追求しない社会インフラである」とし、それゆえ経済的・合理的な運営という点では新幹線に劣る部分もあるとの見方もあった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)