中国人が日本人のことを悪く言う時に「小日本」とよく言うが、これは日本が小さいというだけでなく、日本人が小柄だという意味も含まれていたようだ。実際、国立科学博物館のデータによれば、日本人の平均身長は江戸末期前後の男性で155センチと非常に小さかったそうだ。中国メディアの百家号は16日、日本人の身長は「ある食習慣の変更をきっかけに大きく伸びた」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、明治維・・・・

続きを読む