海外における日本人のイメージとはどのようなものだろうか。「勤勉」や「真面目」といったイメージが一般的と思われるが、多くの中国人は日本人について「真面目で、規則に忠実」というイメージを持っているという。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本人は真面目だという伝聞は果たして本当なのか」と疑問を投げかけるスレッドが立ち上がり、多くの中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 ある中国人ユーザーは、日本人に直接会ったことはないようだが、「20年以上も前に購入した工作機械の取り扱いについて日本のメーカーに問い合わせたところ、100ページほどある説明書をわざわざFAXで送ってくれた」というエピソードを紹介し、「もし日本人のこうした精神を学べたら、中国はさらに強大になれるだろうに」とコメントし、1万人を超えるユーザーから支持されていた。確かに中国メーカーだったら問い合わせをしても説明書を送ってくれるどころか、適当にあしらわれて終わりということになりそうだ。

 また、「日本人は確かに真面目」だが、それは「企業文化の1つ」として後天的に醸成された精神であると主張する意見もあったほか、「日本人は真面目であるものの、臨機応変な対応にはことごとく弱く、マニュアル以外のことには対応できない人が多い」とするコメントも見られた。逆に、中国人は臨機応変に対応するという点で非常に長けているといえるだろう。たとえば、飲食店でメニューにないものが食べたい場合でも、店側は食材がある限りは対応して提供してくれる。

 そのほか「日本人が真面目なのは間違いない」とし、その証拠として「中国人も日本で働くと周りの日本人と同じように真面目になるから」という意見もあったが、日本人が真面目なのはあくまでも「昼間」の話であり、居酒屋などでは人が変わったように饒舌になったり、酔いつぶれて路上で寝てしまう人もいると伝え、「日本にもさまざまな人がいる」とコメントするユーザーも見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)