中国の教育系情報サイト・芥末堆は15日、「日本の小学校では6年間で、子どもたちにたった一つの道理だけを教える」とする記事を掲載した。

 記事は、日本の学校教育におけるあらゆる活動が、すべて子どもたちに「どうしたら他人に迷惑をかけないようにできるか」ということを教え、子どもたちの思いやりの心を育むという目的につながっていると紹介。日本の教育基本法でも、教育の究極的な目標は「人格の形成」で、・・・・

続きを読む