中国メディア・澎湃新聞は11日、日本における貧富の格差を縮小させる取り組みについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本政府が極度の貧困者を出さないようにするための措置として、医療保険制度と生活保護の制度について紹介。医療保険制度では、通常の診療において後期高齢者を除く個人の負担額が30%となっているほか、一定の所得制限を設けたうえで毎月の医療費が8万円を超える分を政府が負担する、年間・・・・

続きを読む