中国メディア・新浪財経は11日、中国の工作機械の「自給率」が10%に満たず、日本やドイツの力がないと製造業がやっていけない状況が続いていることを紹介する記事を掲載した。

 記事は、工作機械が自動車や家電製品などの製造する上で欠くことのできないいわば「工業の母」的な存在であり、日本はその工作機械で世界でもトップクラスの実力を持っていると紹介。多くの日本の著名企業が生産した工作機械が世界各地・・・・

続きを読む