新素材産業は21世紀で最も潜在力のある分野だといわれるが、日本はこの分野ですでに世界をリードする地位を固めているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本は「新素材で世界をリードしている」と題する記事を掲載した。

 記事は、日本が得意とする新素材は多いと紹介。特殊セラミック、炭素繊維、特殊なプラスチックなどで世界をリードしていると紹介した。例えば、「炭素繊維」の分野では世界市場のかなりの・・・・

続きを読む