日本の公共交通機関は非常に利便性が高い。鉄道の駅は都市の中心部にあることが多く、異なる鉄道会社であっても駅への相互乗り入れを実現していて、乗客はスムーズに乗り換えが可能だ。

 中国には高速鉄道や普通列車を運営する中国国家鉄路集団の他に、地下鉄や都市鉄道、路面電車、モノレールなどを運営する国鉄以外の市営鉄道会社が存在するが、中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど「なぜ中国の地下鉄は日本のように相互乗り入れができないのか」というタイトルのスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 中国の国鉄と市営鉄道、あるいは異なる市営鉄道会社同士は競合関係にあるわけではないのに、なぜ日本のように相互乗り入れができないのだろうか。この質問に対して、ある中国人ネットユーザーはまず日本の鉄道運営会社が相互乗り入れを実現するために払った大きな努力に言及し、「駅に線路をつなげればそれで良いというわけではなく、各種設備や乗務員、乗車券の管理しシステム、忘れ物の問い合わせサービスなど、様々な事柄を調整したり、統一したりする必要があったはずだ」と説明。こうした努力は「乗客のため」であり、中国の場合は「乗客のため」という視点が欠けているからこそ、相互乗り入れができていないのだと指摘した。

 一方、複数のユーザーが「中国の場合は国鉄・市営鉄道間の相互乗り入れが差し迫って必要というわけではない」とのコメントを寄せ、国鉄は乗客の中長距離移動をサポートし、地下鉄を運営する市営鉄道会社は通勤などの短距離移動をサポートするというように、その役割には違いがあるため「相互乗り入れは不要だ」と主張した。

 そのほか、別のユーザーからは「中国人の多くは車内の乗客が先に降りてから乗りこむといったマナーを守ることができない。エレベーターだって人が降りる前に乗り込もうとする人がいるくらいだ。仮に中国の主要駅で相互乗り入れが実現すれば、駅は大混乱するだけだろう」と指摘するコメントも寄せられた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)