セーラー服といえば、日本では「女子中高生の制服」であるのが一般的であり、女子中高生以外の年代の女性がセーラー服を日常的に着用するケースは極めて稀だと言えるだろう。

 中国では中高生の制服といえば、男女に差が一切ない「体操服」あるいは「ジャージ」のようなデザインであることが一般的であるためか、日本の女子高生の制服に憧れる人は少なくない。そして、なかにはセーラー服を日常的に着用するような人までいるそうだ。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「中国には日本の女子中高生の制服であるセーラー服に憧れを抱く人がいて、私服として日常的に着用している人もいることを日本人はどう思っているのか」と問いかけるスレッドが立てられ、多くの中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 一部の中国人がセーラー服に憧れを抱いていることについて、あるユーザーは「日本人は別に何とも思っていないのではないか」と主張し、外国人がチャイナドレスを着ているのを中国人が気にしていないのと同じだいう声が見られた。

 また、スレッドには日本の制服事情や日本人のファッション感覚について、一定の見識を持つユーザーから多くのコメントが寄せられていて、「中国人がセーラー服に憧れようと、日本人は別に何とも思っていないだろうが、日本人はTPOを重視するため、セーラー服を着ている姿を日本人に見られないように気をつけろ」という意見を寄せたほか、「女子中高生でない人がセーラー服を公共の場で着ていると、日本では奇異の目で見られることになる。恥をかくだけだから、日本では絶対にセーラー服を着ないように」とのコメントもあった。

 スレッドに寄せられたコメントを見ると、中国人がセーラー服を日常的に着用することについて「日本人にどう思われるか気にする必要はない」という意見が多いように見受けられたが、青春をジャージで過ごした中国人のなかには可愛らしい、あるいは格好良い制服に憧れている人が少なくないことも見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)