中国経済がまだ日本経済に及ばない根拠として日中の「1人あたりGDP」の差を指摘する中国人は多いが、この他にも日中の経済レベルに大きな差があることを示す証拠があるようだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本経済と中国経済の差は「日中の農村を比べればよく理解できる」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国が世界第2位の経済大国となったことに対し、「多くの中国人が祖国の発展を喜んでいる」と説明する一方、1人あたりGDPでは日本と中国の間には依然として「巨大な差」があるとし、中国経済が日本経済を完全に超えるには「さらに多くの努力が必要」であるのは否定的な事実であると論じた。

 さらに、日中の巨大な差は「農村部の建物」を見れば一目瞭然であると指摘。たとえば、中国人にとって農村とは「貧しさと荒廃の象徴」であり、また中国農村部には「土れんがや茅葺き」など古代と同じ材料が使用されている家屋が今も多く存在すると説明した。

 しかし、日本の農村部の場合、電力や通信、交通などの生活インフラは完全に整備されていて、「荒廃しているという感じは微塵もない」と説明。また日本の農村の家屋は「現代の技術によって作られていて、快適そのもの」であることを強調した。

 さらに中国人にとって「予想外」なのは、日本の農村部の交通が「非常に便利」であることだとし、日本は交通インフラが整備されていて、電車でもバスでも都市部に向かう公共交通機関が整備されていることから、農村に住んでいても都市部に通勤したり、通学したりするのはとても簡単であると紹介した。

 記事は、日本では都市から農村に引っ越す人が少なくないと紹介し、こうした現象は「中国の多くの農村部ではとても考えられないことだ」と指摘。これは農村部まで整備が完了した日本ならではの現象であり、中国がこのレベルに達する道のりはまだまだ遠いと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)