中国のポータルサイト・百度に5日、中国で働く日本人が中国に対して抱いているイメージや考え方について紹介する記事が掲載された。

 まず、食については「日本人はみんな小籠包が大好きだ」と紹介。そして、ある日本人が「中国に来たばかりのころは、中国料理は食べたくなかった。なぜなら日本で中国の食の安全に関する報道が多く伝えられてきたからだ」と語る一方で、中国にいる時間が長くなるにつれ「中国の料理は本当においしい」と思うようになり、安全問題が気にならなくなったと明かしたことを伝えた。

 次に中国の物価については、ビールの価格が日本の半分程度であるなど、日本に比べて安いものが多いという印象を持つとした。そして中でも特に、スイカなど果物の安さに驚く人が多いと紹介している。

 また、中国での生活は日本のように様々なルールや暗黙の規則に縛られることがなく、とても自由を感じるようだとし、職場においても同僚との人間関係にも悩む必要がなく、残業も日本ほど多くないため、日本の「社畜」生活に比べればはるかに気楽なものだという印象を抱いていると伝えた。

 一方で、大多数の日本人は中国において「道路恐怖症」に陥ると指摘。自動車が人に譲らなかったり、歩行者が堂々と信号無視をして道路を渡ったりする様子に違和感を覚えるとし、慣れるのに時間がかかると紹介した。

 さらに、「日本人たちが理解できないのは、中国人の話し声の大きさだ」と伝え、列車内やレストラン、さらにはエレベーター内など、所構わず電話で通話し、しかも大声で話すことに抵抗感を抱いているようだとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)