日本や日本人に対しての評価は世界的に高く、日本人は「民度が高く、マナーも良い」と言われる。中国でも日本に対する評価は高いが、中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本は世界で最もマナーの良い国という噂は本当なのか」と疑問を投げかけるスレッドが立ち上がり、多くのネットユーザーたちが議論を交わしている。

 新型コロナウイルスのパンデミック前までは日本を訪れる中国人が増加し続けていたように、日本滞在中に接した日本人に親切にされたり、日本で受けた周到なサービスに感動したという中国人は多い。日本を訪れた旅行客がこうした体験が味わえるのは「やはり日本人の民度が高く、マナーが良いからこそだ」という声が数多く見られた。

 たとえば、ある中国人ネットユーザーは「幼い頃から他人に迷惑を掛けないように教えられるため、日本人の体にはマナー遵守という考え方が染みついている。日本は世界で最もマナーの良い国という噂はあながち嘘ではない」というコメントを寄せた。

 また日本在住とみられる別のユーザーも、日本の公共交通機関では、周りの乗客に配慮して「大きな声で通話している人は見られず、マナーの良い国民であるのは間違いない」と指摘。また、「たとえ、忘れ物や落し物をしてしまっても、日本であれば手元に戻ってくる確率が非常に高い。これはマナーの良さや民度の高さを物語っている」と指摘するコメントもあった。確かに中国の公共交通機関では大声で会話したり、通話したりするのは当たり前の光景だ。また中国では仮に落し物をしてしまったら、まず戻ってこないと思った方が良い。

 一方で、日本人の民度は表面的だというコメントも散見され、ハロウィンなどのイベント後の繁華街にはゴミや空き缶が散乱することを写真とともに指摘し、「日本人のマナーが良いのではなく、法律の罰則が厳しいからに過ぎない」と強調、誰も見ていない場所や、みんなが同じ行動を取る場面ではマナー違反の行動も見られるというコメントもあった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)