日本で暮らす外国人のうち、国籍別に見ると中国人が最多となっているが、就学や出稼ぎといった当初の目的を終えて帰国する人もいるなかで、予定を変更して日本で生活し続ける人も少なからず存在する。中国のQ&Aサイトの知乎にはこのほど、「日本で生活し続けることにした理由」を問いかけるスレッドが立ち、日本で暮らす中国人から様々な意見が寄せられた。

 留学や仕事のために日本で生活する中国人は少なくないが、当初の目的が達成されれば帰国する人が大半であるなかで、東日本大震災や新型コロナウイルスのパンデミックなどが起きても帰国せず、日本で生活することを選択した「理由」は多くの中国人にとって興味や関心の的であったようだ。

 スレッドには多くのコメントが寄せられているが、日本で生活することを選択した理由は人によって大きく異なっていることが分かった。たとえばアニメや漫画が好きだという中国人ユーザーは「日本ではアニメや漫画に関する交流会や大型イベントが多く、本当に楽しく暮らすことができる」とのコメントを寄せていた。

 また、「中国ではいくら働いても家を買うことすらできない」ことを最大の理由として挙げたユーザーもいた。中国人はメンツを気にする国民性であり、結婚する際には家を所有していることが求められるが、不動産が高騰しすぎたせいで家を購入できず、メンツが立たないとして「海外で暮らす」ことを選ぶ人も多いようだ。そして、このユーザーは中国から近い日本を選んだということなのだろう。

 さらに、日本で生活することを選択した理由として、別の金銭的理由を挙げるユーザーもいて、「日本では生活するだけで大きなストレスを抱えることになるが、それでも日本で働けば貯蓄することが可能だ」と主張。中国に比べると、日本ではルールや規則に縛られがちになるが、それでも金銭的には中国より余裕のある暮らしが可能だからという声だった。

 いくら環境が良くても中国と比べると人間関係が希薄な日本では孤独感に耐えられなくなる中国人もいるようだが、日本社会への順応性がある人からすれば、「他人から干渉されない安らぎ」こそが日本で暮らす利点だと受け止める中国人もいて、「日本での暮らしは中国より楽だと感じる」という声を寄せていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)