9月2日、太平洋戦争で日本が降伏文書に調印してからちょうど75年目の節目を迎えた。中国は降伏文書調印の翌日である3日を「抗日戦争勝利記念日」とすることを法律で定めており、今年は習近平主席も式典に出席した。

 これだけ経っても、いまだにことあるごとに歴史問題を持ち出し日本への憎しみをあらわにしているのは中国だが、中国メディアの網易は2日、「戦後75年経ったいま、日本は中国をどう見ているのか・・・・

続きを読む