日本は明治維新の成功をきっかけに近代国家へと歩んでいくが、中国の洋務運動はそこまで国を変えるきっかけにはならなかった。それはなぜだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、日本の明治維新が中国の洋務運動と違って成功したのは「西洋の強国が日本の成功を許したおかげだ」と主張する記事を掲載した。

 記事は、当時の西洋列強は日本と中国に対する扱いが違ったと主張。日本に対しては明治維新が成功するのを「黙認した」にも関わらず、中国の洋務運動の成功は「許さなかった」そうだ。これはどういうことだろうか。

 記事は、西洋列強の「日本と中国に対するイメージに違いがあった」ことを理由の1つとしている。中国は当時、ベールに包まれた謎の文明国家で、宝の国というイメージがあり、中国が強くなると列強が中国へ侵略するのに不都合になると考えたと説明した。それに対して日本は、小さな島国で土壌も悪く、放っておいてよいと判断したのだろうと分析。そのため、後に日清戦争で日本が勝利したことに西洋列強は大変驚いたとしている。

 別の理由は、「日本が西洋列強のターゲットではなかったこと」。列強の目的は「中国からうまみを得ること」であり、中国のなかで列強同士が牽制し合っていたと論じた。例えば、不凍港を欲したロシアの南下をけん制するのに、明治維新後の日本は列強にとって都合の良い道具となり、そのおかげで列強はより多くの利益を得ることができたのだという。

 記事は、西洋に妨害されなかったために日本の明治維新が成功したように論じているが、幕末明治期の日本人は、西洋列強の属国になる恐れを抱え、国家存亡の危機に立ち向かったことを原動力に、西洋列強による侵略を阻止できたといえるだろう。この危機感が中国には全体的に欠如していたことが、日本との大きな違いだったのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)