急速な経済成長を遂げ、豊かになった人も多い中国だが、「生活水準の変化」を身をもって体験している中国人のなかには、「中国人の生活水準はすでに日本すら超えて、世界トップレベルなのではないか」と考える人もいるようだ。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「中国人の生活水準はすでに日本人のそれを超えたのではないだろうか」というタイトルのスレッドが立てられ、多くの中国人ネットユーザーが回答を寄せている。

 1600件を超える回答のうち、他を圧倒するほど最も多くの賛同を得た意見は、中国人の生活水準が日本を超えたとするのは「全く根拠のない盲目的な自信による誤解」であり、事実は1人あたりGDPや平均収入のいずれを比較しても「現在の日本は中国をはるかに超えている」と指摘する回答だった。

 また、別の中国人ユーザーも、スレ主が中国と比較するために選んだのは「こともあろうに生活水準が世界的に見ても高い日本」であり、経済的に貧しい人がまだまだ多い中国の経済状態と比較するには「相手が悪すぎる」と指摘した。

 さらに、「中国の生活水準は日本を超えたかもしれない」という主張は、日本の貧しい農村を見て中国全体の生活水準が日本を超えたと吹聴するのと同じだと指摘する回答もあり、中国人ネットユーザーの多くは「中国人の生活水準はとてもじゃないが、日本人に追いついてなどいない」と認識しているようだった。

 中国は社会主義国家ではあるものの、経済においては市場経済を導入しているため、桁違いに裕福な人も数多く存在する。富裕層とされる人たちの生活水準は極めて高いと言えるだろうが、中国全体でみれば、中国人の生活水準は日本よりもまだまだ低いというのが大半の中国人ネットユーザーたちの見方のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)