インターネットが普及したことで、中国でも国内にいながらにして外国についての情報を入手することができるようになった。日本についての情報もかつてに比べれば入手が容易になったものの、日本についての「正確な情報」や「真の日本の姿」を知ることはまだ難しいのが現状だ。

 日本を訪れたことのない中国人からすれば、日本についての「正確な情報」を知るには、せいぜい日本を訪れたことのある友人や知人から伝え聞くくらいが限界だろう。

 歴史問題の影響からか、日本や日本人に対して否定的な見方をする中国人は今も少なくないのだが、そんな中国人たちも日本を訪れると「日本に対する見方」が大きく変化するのだという。中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本に対する見方は訪日後にどのように変化したか」と疑問を投げかけるスレッドが立てられ、多くの中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 ある中国人ユーザーは日本を訪れる前は「日本人は凶暴で、生活上のストレスが大きいため街は騒然としている」と思っていたそうだが、日本を訪れてみて「街ではゴミ箱をまったく見かけなかったにもかかわらず、道路にほとんどゴミが落ちておらず、治安も良く、空気も非常にきれいだった」ことに驚き、「日本人は凶暴どころか、中国人が見習うべき対象であると考えを改めた」と主張した。

 また、日本で生活して1年になるという別のユーザーは、旅行で訪れたホテルから後日、「料金を多く貰いすぎた」として1人当たり100円(約6元)が送り返されてきたというエピソードを紹介し、「日本人が正直に商売している」ことに驚いたことを紹介した。

 一方、他のユーザーからは「中国ではスマホを一台持って出掛ければ何も不自由なく買い物や支払いを済ませることができるが、日本では多くのポイントカードや現金が入った財布を持ち歩かなくてはならず不便だった」との指摘もあり、日本は先進国だと思っていたのに遅れている部分もあって衝撃的だったという声も見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)