現在、日本では多くの中国人男性が働いているが、日本人女性と結婚する男性は多くないようだ。一般的に、渡航先や赴任先の海外の地で現地の女性との国際結婚はよくあることだ。しかし、中国人男性と日本人女性のカップルは珍しい。なぜ日本人と結婚する中国人男性は多くないのか。中国メディアの百度がその問題について分析し、2つの理由を挙げている。

 1つ目は経済的な理由。日本で働く多くの中国人は企業勤めで、自分で起業している人は多くはない。また、日本は物価も高く、会社勤めの外国人としての待遇はあまり良くない。さらに、一般的に日本人の家庭では結婚相手の経済力にかなり関心を持っており、相手が外国人となればなおさら心配することだろう。娘が安定した家庭で暮らしていけるよう、経済的に不安のある外国人との結婚に賛成しないケースも多々あるようだ。

 さらに2つ目は文化的な背景の違い。日本人と中国人は見た目こそ似ているが、実のところ文化的背景には大きな違いがある。日本独自の文化や宗教、さらに家庭の雰囲気もあり、外国人として家庭になじむのは簡単ではなく、両親が心を開いてくれないケースもあるだろう。

 結論として記事は、「結局のところ、中国人が日本のような先進国の女性と結婚するには、それ相応の能力が必要だ」と述べている。こうした記事は、ドラマやアニメによって「日本人女性」に憧れを抱く中国人男性にとっては、きびしい現実を突きつけられるものになったことだろう。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)