中国のポータルサイト・百度に1日、日本の路線バスと中国の路線バスの違いについて紹介する記事が掲載された。

 記事は、日本の路線バスと中国の路線バスについて、外側の見た目やデザインに特に大きな違いはないとし、両者の違いは実際に日本のバスに乗ってみて初めて体験できるものが多いと紹介。実際に日本の路線バスに乗ると、日本人の「細やかさ至上主義」を感じ取ることができるとし、この点において中国との差は「本当に大きい」と伝えた。

 そして、両者の内部構造の違いとしてまず、中国のバスの座席がプラスチック製の硬いものであるのに対し、日本のバスに備え付けられている座席はクッションが効いていて柔らかいことを挙げた。また、日本のバスには体が不自由な人への思いやりを感じる設備が充実しており、乗降ドアにはスロープが備え付けられているほか、車内に車いすの固定装置、障害者優先席などが用意されているとした。

 さらに、日本の路線バスと中国の路線バスでは、バスの設備だけでなく「人」の部分も大きく異なると指摘。日本のバス運転手は制服を着用しているほか、職業道徳を重んじているとし、停車する際や発車する際に車内の乗客に注意を呼びかけるなどの配慮を見せると伝えた。そしてまた、利用する乗客もマナーを守り、乗車時に背負っているバッグを肩から下ろし、足元に置いて他人の迷惑にならないようにする光景がよく見られるのだと紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)