中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いて世界第2位となったのは2010年のことだ。日本のGDPは2010年以降もほとんど増えていないのに対し、中国のGDPは勢い良く増加を続け、今や日本の3倍弱まで増加している。

 GDPの規模ではもはや圧倒的とも言えるほど差がついてしまったが、中国メディアの知乎はこのほど、「中国人は目を覚ますべきだ」と主張し、経済の競争力という観点から見れば「日本は今で・・・・

続きを読む