日本では通常の寝台列車はほとんど廃止されたが、その代わりに鉄道での移動に「豪華さ」という付加価値を付与した「クルーズトレイン」が日本各地で運行されるようになっている。

 中国では高速鉄道が普及する一方で、今も長距離寝台列車が運行されていて、格安で中国国内を移動することも可能だ。中国メディアの百家号は27日、日本と中国の寝台列車を比較する記事を掲載し、「その差は大きすぎた」と伝えた。

 記事は、中国国内を移動する場合、最もコストパフォーマンスが良い乗り物は「火車」と呼ばれる普通列車であり、長距離を移動する場合には寝台列車を選択する旅人も少なくないと紹介する一方、中国と日本の寝台列車の間には非常に大きな差があると論じた。

 続けて、日本の寝台列車は「非常に清潔でプライバシーが保たれる設計になっていて、車内も非常に静かである」のに対し、中国の寝台列車は「非常に混雑していて騒々しく、さまざまな臭いが漂っていて、しかも衛生環境も良くない」と強調、「日本と中国の寝台列車の差は非常に大きく、完全に対照的な存在」と強調した。

 中国で運行されている寝台列車のほとんどに個室はなく、「軟臥」と呼ばれる一等寝台と「硬臥」の二等寝台に分かれている。2段ベッド式で快適ながらも席数が圧倒的に少ない「軟臥」に対し、大衆的な「硬臥」は上中下の3段ベッド式となっていて、プライバシーなど存在しない旅であるため、決して快適な旅程ではない。そして、中国の長距離列車に欠かすことのできない食べ物といえば「即席麺」であり、常にどこかで即席麺の臭いが漂っている。

 格安で移動することを目的とした中国の寝台列車と、日本のラグジュアリーな観光を目的としたクルーズトレインでは、同じ「寝台列車」でもコンセプトが違いすぎて比較にならないが、将来的には日本のクルーズトレインを楽しむために訪日する中国人が増加してくるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)