日本経営管理教育協会が見る中国 第634回 ――下﨑寛

 現在、世界のコロナ禍の影響を国別に考えるとヨーロッパ、北米、中南米に感染者が多く、アジアの感染者が相対的に少ない。

 アジアでは、日本をはじめ、中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ等の仏教国が中心となっており、人と人の濃密な接触する習慣はなく、また、手を洗うことを生活面で慣習となっていることもある。一方、ヨーロッパ、・・・・

続きを読む