中国全土に張り巡らされた中国高速鉄道網のおかげで、中国国内における移動はかつてに比べてずいぶん便利になったという声は多い。中国高速鉄道が開業する前は、空の便を使わないとすれば鈍行の夜行列車に数日間も乗り続けるのが長距離移動の定番だったからだ。

 中国メディアの百家号はこのほど、中国高速鉄道の運行速度が長距離列車より「圧倒的に速い」のは周知の事実だとしながらも、多くの旅客は現実的には「中国高速鉄道より鈍行の長距離列車に乗りたがる」と主張し、その理由について論じる記事を掲載した。

 記事はまず「高速鉄道は日本で生まれ、中国も1つ1つ駅を建設し続けてきたことで、大きな都市の多くが高速鉄道で結ばれている」ことを指摘し、多くの中国人たちに運行速度の速さという利便性を提供していると強調する一方、すべての旅客が高速鉄道を利用したがるわけではなく、「高速鉄道より鈍行の長距離列車に乗りたがる人もいる」のが現状であり、その理由は「極めて現実的なものばかり」だと論じた。

 続けて、高速鉄道より鈍行の長距離列車に乗りたがる人がいる理由は、「高速鉄道は短時間の利用なら快適だが、椅子に座って同じ姿勢でずっと過ごすのは苦痛であるため、長距離の移動に向いていない」からだと強調。それゆえ、時間がかかろうとも横になることができる長距離列車には一定のニーズがあるのだと論じた。

 さらに高速鉄道の1キロメートルあたりの乗車料金は新幹線に比べて「圧倒的に安い」という主張も見られるが、中国人からすれば高速鉄道の乗車料金は「決して安くない」とし、お金を少しでも節約したい中国人からすれば鈍行の長距離列車の方が「圧倒的にコストパフォーマンスが高いのだ」と主張。また、中国の高速鉄道網は世界一の規模であると言っても、中規模、小規模の都市の住民は高速鉄道の恩恵を受けられていないとし、こうした人びとは依然として鈍行の長距離列車で移動していると紹介、これらが「中国高速鉄道より鈍行の長距離列車に乗りたがる旅客が多い理由」だと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)