かつては若者の多くが毎月一定額を消費していた「CD」。しかし中国では現在「CD」は市場からほぼ消えてしまっている。特に、1995~2000年生まれの若者にとっては「CD」そのものがすでに死語になっており、パソコンにもCD・DVDドライブがついていないものが多い。一方、日本では今でもCDショップが街にあり、一定の売り上げがある。「一体なぜ日本ではいまでもCDが売っているのか」と中国メディア騰訊が27日付の記事・・・・

続きを読む