日本は大都市を中心に人口密度が高く、どうしても住宅が狭くなりがちだ。1住戸当たりの面積は、東京が64.48平方メートル(19.5坪)、大阪は76.22平方メートル(23.05坪)だったそうだ。しかしその分、日本人は無駄のない設計が得意とも言えるだろう。中国メディアの百家号は25日、「認めたくはないが、日本人の住宅設計の才能を称賛せざるを得ない」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本・・・・

続きを読む