中国メディア・網易は25日、「どうして日本の高齢者介護産業は世界をリードしていると言われるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、日本が世界でもとりわけ高齢化の深刻な国の一つであり、2019年時点で65歳以上の高齢者が総人口に占める割合が28%に達していると紹介。このような状況の中で、日本政府は早い時期から高齢者介護事業の布石を打ち、充実した政策体系を作り上げてきたと伝えた。 続きを読む