親や保護者の立場にある人であれば、子どもの健康管理には大きな関心を抱くことだろう。日本であれば多くの小中学校で給食が提供されるため、親としては平日は昼ごはんのことまで考える必要がないのは楽だろう。

 一方、中国では食堂のある学校も増えつつあるが、食堂のない学校に通う子ども達はお昼になると自宅へ帰り、昼食を取った後に再び登校することも多い。そのため、平日の昼も子どものご飯に頭を悩ませている・・・・

続きを読む