近年、中国は学術分野での躍進が続いている。2016年から18年において中国が発表した年平均の自然科学分野の論文数が初めて米国を抜いて世界一となったほか、中国の論文は被引用数の観点でも米国に次ぐ世界2位となっており、まさに質と量の双方で大きな存在感を示している。

 一方、中国はノーベル賞の分野ではまだ目立った成果をほとんど残せていないのが現状だが、中国メディアの網易はこのほど「論文の数や引・・・・

続きを読む